5809 タツタ電線 東証1 15:00
466円
前日比
+4 (+0.87%)
比較される銘柄: 古河電フジクラ昭電線HD
業績: 今期予想
非鉄金属
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
10.5 0.77 2.58 0.59

銘柄ニュース

戻る
2016年03月18日12時16分

タツタ電線、有力処は中期的に高周波対応の高付加価値製品や新分野拡大に期待

 タツタ電線<5809>が反落。きょうの安値圏で前場の取引を終了している。

 いちよし経済研究所では、スマートフォン市場の成熟化とともに電子材料事業の中核である電磁波シールドフィルム需要が頭打ちになっていると指摘。17年3月期も前期比減益が続くと予想するも、減益幅は小幅にとどまるとみて、中期的には高周波対応の高付加価値製品や新分野の拡大に期待。

 レーティング「B」を継続、フェアバリューを450円から420円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均