5352 黒崎播磨 東証1 15:00
316円
前日比
-1 (-0.32%)
比較される銘柄: 品川リフラヨータイTYK
業績: 今期予想
ガラス・土石
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
7.0 0.65 0.76

銘柄ニュース

戻る
2016年02月01日09時25分

黒崎播磨が一時10%高、コストダウン進展などで16年3月期営業利益予想を上方修正

 黒崎播磨<5352>が続急伸して一時、前週末比26円(10.2%)高の280円まで買われている。1月29日の取引終了後、16年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の1160億円から1150億円(前期比4.1%増)へ下方修正した一方、営業利益を47億円から53億円(同37.9%増)へ、純利益を29億円から35億円(同2.2倍)へ上方修正したことが好感されている。

 主要得意先である鉄鋼業界の生産調整継続を受けて、耐火物需要が減少していることから売上高は下方修正したが、コストダウンのさらなる進展や為替の変動で利益面は上方修正された。また、業績予想の修正に伴い、従来未定としていた期末配当を4円にするとあわせて発表しており、これも好材料視されているようだ。年間配当は7円(前期5円)を予定している。

 なお、同時に発表した第3四半期累計(15年4~12月)決算は、売上高873億500万円(前年同期比5.4%増)、営業利益42億9800万円(同32.6%増)、最終利益28億5200万円(同2.1倍)だった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均