5233 太平洋セメント 東証1 15:00
371円
前日比
+1 (+0.27%)
比較される銘柄: 住友大阪宇部興トクヤマ
業績: 今期予想
ガラス・土石
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.9 1.34 1.62 1.39

銘柄ニュース

戻る
2016年02月25日10時07分

太平洋セメ、国内大手証券は「株価はバリュエーション面から見て割安感が強い」

 太平洋セメント<5233>が大幅続伸。買い優勢で始まり、現在は今日の高値圏で推移している。

 大和証券は、同社が国内外のセメント事業下振れで16年3月期通期会社計画を下方修正したとリポートで紹介。ただ、大和予想も減額修正ながらも17年3月期は増益転換を予想し、引き続き、主力のセメント事業において、国内需要の回復ペース、米国事業の成長軌道への回帰、中国事業の建て直し状況等を注視していきたいとの見解を示している。

 同証券は、レーティングは「2」(アウトパフォーム)を継続。目標株価は460円から370円へ引き下げている。また、「直近の決算発表後に大きく調整した株価にはバリュエーション面から見て割安感が強いと考える」ともしている。
《MK》

株探ニュース



日経平均