5214 日本電気硝子 東証1 15:00
638円
前日比
+6 (+0.95%)
比較される銘柄: 旭硝子板硝子特殊陶
業績: 今期予想
ガラス・土石
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
31.7 0.65 2.51 1.20

銘柄ニュース

戻る
2016年08月24日13時16分

日電硝が後場上げ幅を拡大、超薄板ガラスを用いた黒色銅タッチセンサーシートを世界で初めて開発

 日本電気硝子<5214>が後場上げ幅を拡大している。午後1時ごろ、以前から進めていた超薄板ガラスに微細な黒色銅配線のパターンを形成した静電容量型タッチパネル用センサーシートを開発したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

  同センサーシートは、優れた視認性や電気特性による操作性の向上、大型タッチパネルへの対応、高耐久性(耐熱、耐候、長寿命)、さらに曲面への対応などが特徴。薄型で曲面への対応も可能なガラス基板と銅配線の組み合わせは、世界初で、同社ではきょうから開催される「台湾タッチパネル&光学フィルム展2016」に参考出展するという。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均