5210 日本山村硝子 東証1 09:10
185円
前日比
-2 (-1.07%)
比較される銘柄: 石塚硝日コンヨータイ
業績: 今期予想
ガラス・土石
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
27.7 0.35 2.70 2.68

銘柄ニュース

戻る
2018年05月30日10時30分

日山村硝は底堅い動き、トウチュウと機能性フィラー事業の合弁会社を7月に設立

 日本山村硝子<5210>は後底堅い動きとなっている。29日取引終了後、鋳物、ガラス、窯業用珪砂の製造販売などを行うトウチュウ(愛知県美浜町)と半導体向けをはじめとする機能性フィラー事業の合弁会社を設立すると発表しており、これを好感した買いが入っている。

 半導体向けをはじめとする機能性フィラー事業は、今後需要が伸びることが予想されており、トウチュウが持つノウハウと、日本山村硝子が持つ粉砕加工技術を融合し、珪砂を原料とする半導体向けフィラーの開発に成功した。

 合弁会社の社名はワイティエフで、兵庫県尼崎市に設立する。資本金は1億円で日本山村硝子が51%、トウチュウが49%それぞれ出資し、7月の設立、事業開始を予定している。なお、19年3月期業績への影響は軽微としている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新日:2018年05月30日 10時34分

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均