5202 日本板硝子 東証1 15:00
807円
前日比
-11 (-1.34%)
比較される銘柄: 旭硝子住友大阪日電硝
業績: 今期予想
ガラス・土石
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.6 1.41 5.69

銘柄ニュース

戻る
2016年07月19日07時33分

前日に動いた銘柄 part1:ファーストリテ、アコーディア、東宝など


銘柄名<コード>⇒7月15日終値⇒前日比


アコーディア<2131> 1203 +124
約1600億円でファンドが買収と報じられる。

日立キャピ<8586> 2072 +150
英国事業に対する過度な警戒感が後退で。

日本ペイント<4612> 2764 +163
中国で建築塗料の生産を拡大と報じられる。

東海理化<6995> 1614 +87
円安に伴う自動車株高の流れで。

ガリバー<7599> 565 -150
引き続き想定以上の業績下方修正を嫌気。

GMOペイメント<3769> 5250 -390
25日線が抵抗線としても意識され。

スタートトゥ<3092> 5100 -340
目立った材料ないが上値の重さを意識。

エスケイジャパン<7608> 327 +80
14日に決算発表、第1四半期は営業黒字転換。

一六堂<3366> 406 +80
第1四半期大幅営業増益決算と自社株買いで。

ファーストリテ<9983> 32660 +5000
想定以上に底堅い業績発表で野村證券は格上げ。

サノヤスHLDG<7022> 437 +80
引き続き、「ポケモン」関連としての低位株として短期資金の関心続く。

いちごグループ<2337> 441 +28
第1四半期大幅営業増益などを評価へ。

クリレスHLD<3387> 1075 +92
第1四半期2ケタ営業増益など好決算を評価。

日本板硝子<5202> 74 +4
旭硝子の決算なども支援材料につながる。

第一生命<8750> 1252.5 +90
国際資本強化に対応で劣後債を発行と。

野村HLDG<8604> 422 +23.4
LINEの予想以上の好スタートも安心感に。

ドトール日レス<3087> 1960 +113
順調な決算発表や自社株買いで。

日本精工<6471> 877 +44
過度な円高ユーロ安水準の是正でベアリング株に関心も。

DMG森精機<6141> 1130 +53
輸出比率高く円安反転の動きを好感。

T&DHLDG<8795> 990.9 +49.9
15日は金融関連株がセクター別上昇率の上位に。

KYB<7242> 368 +20
特に材料は観測されないが、売られ過ぎ是正の動きに。

東宝<9602> 3025 +150
15日の決算発表を控えて期待感が先行。

旭硝子<5201> 587 +30
想定以上の水準にまで業績予想を上方修正。

東海東京FH<8616> 494 +19
株価上昇に伴う証券株高の流れで。

アルプス電気<6770> 2064 +69
外部環境の改善で見直しの動きが進む。

不二越<6474> 320 +13
5年以内メドにサービスロボに参入とも。

三井住友トラ<8309> 362.5 +15.2
銀行株高の流れに乗る格好へ。

NTN<6472> 296 +9
欧州関連の一角とも位置づけられ円安を好感。

JFEHD<5411> 1515.5 +62
鉄鋼セクターの中では円安の影響も大きく。

ネオス<3627> 573 -100
14日に決算発表、第1四半期は赤字に。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均