5019 出光興産 東証1 15:00
4,290円
前日比
-185 (-4.13%)
比較される銘柄: JXTGコスモHD昭和シェル
業績: 今期予想
石油・石炭
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
6.0 0.92 2.33 1.97

銘柄ニュース

戻る

出光興産、住友化、保土谷化など有機EL関連高い、「iPhone」採用思惑で関連銘柄に継続的な資金流入

 出光興産<5019>が5日続伸で約3週間ぶりに昨年来高値を更新、住友化学<4005>、保土谷化学工業<4112>、ワイエイシイ<6298>なども上昇したほか、前日までの2日間で株価を約1000円切り上げたアルバック<6728>も利益確定売りをこなししっかり、有機EL関連株への継続的な資金流入が続いている。

 特定の有機物に電圧をかけると発光する有機ELは、ポスト液晶を担う次世代ディスプレーとしてのポジションをほぼ固めており、今秋にも投入される米アップルの「iPhone8」では初の有機EL採用が見込まれるなどで市場急拡大の兆しにある。2017年のスマートフォン用パネルに占める比率は液晶が7割強、有機ELが3割弱と予測されているが、急速に台頭する中国スマホメーカーの有機EL採用が進捗しているほか、iPhoneの次世代機種も採用となれば、この構成は有機EL増勢へと漸次変化を遂げていくことになる。

 また、テレビ向けでも有機ELの存在感がにわかに高まる方向にある。これまでは韓国LGが圧倒的シェアを有していたが、日本の大手電機メーカーも、画像が鮮明な大型有機ELテレビの発売に相次いで動き出していることで、市場が活性化する公算が大きくなっている。昨年12月に有機EL事業会社のJOLEDの子会社化に踏み切ったジャパンディスプレイ<6740>や、台湾・鴻海精密工業傘下で経営立て直しを図っているシャープ<6753>なども交え、関連銘柄へのマーケットの視線は今後一段と熱気を帯びることになりそうだ。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均