5019 出光興産 東証1 15:00
2,799円
前日比
+35 (+1.27%)
比較される銘柄: JXコスモHD昭和シェル
業績: 今期予想
石油・石炭
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
6.4 0.93 1.79 0.08

銘柄ニュース

戻る
2016年07月01日16時21分

本日の注目個別銘柄:ニトリHD、キャリアリンク、津田駒など


<2685> アダストリア 3725 -315
大幅続落で下落率2位。前日に第1四半期の決算を発表している。営業利益は52.2億円で前年同期比9.8%増益、上半期は微減益予想であり、順調な進捗となっている。ただ、順調な既存店動向などから好業績は織り込み済みであったとみられ、週初にかけて上昇した反動も加わって、短期的な出尽し感にもつながっているようだ。

<9064> ヤマトHD 2430 +89.5
大幅続伸。メリルリンチ日本証券では、投資判断を「アンダーパフォーム」から「買い」に一気に2段階格上げしている。目標株価も2200円から2600円に引き上げへ。18.3-19.3期EPS成長は年率13%を予想しているほか、1.6倍のPBR水準は過去3年間平均の1.8倍を下回っているとも指摘。今期を収益構造の転換点と捉えており、18.3期営業利益はコンセンサス700億円強に対して773億円を予想のようだ。

<6217> 津田駒 113 +13
急伸。前日に上半期業績予想の上方修正を発表している。営業利益は従来予想の2.5億円から5億円に増額している。前年同期は3億円の赤字であった。第1四半期決算時点でも1.5億円から2.5億円に増額しており、収益モメンタムの急速な改善傾向を評価する流れに。インド市場の好調が中国市場の落ち込みをカバー、工作機械も国内自動車や米国向けが順調のもよう。

<9843> ニトリHD 13320 +980
大幅反発。前日に発表した第1四半期決算が好感材料視されているようだ。営業利益は273億円で前年同期比31%増益、上半期は1ケタ台の増益計画であり、想定以上の進捗とみられているもよう。収益拡大は予想以上として、会社側では据え置きの通期業績なども、コンセンサスの切り上がりが進んでいるようだ。モルガン・スタンレーMUFG証券で投資判断を各上げのほか、目標株価引き上げの動きも複数で観測。

<6070> キャリアリンク 894 +112
急伸。前日に発表した第1四半期の好決算を評価。営業利益は3.2億円で前年同期比72%の大幅増益となり、上半期計画4.4億円に対する進捗率は74%に達している。早々と業績上振れ期待などが高まる状況でもあるようだ。金融関連業務など民間向け、官公庁向けともにBPO関連業務がけん引する形に。

<3398> クスリのアオキ 6160 -490
大幅反落。前日に決算を発表、前5月期の営業利益は90.3億円で前期比16.1%増と2ケタ増益を達成、従来予想の87.2億円を上回る格好になっている。一方、今期は90.6億円で同0.3%増益にとどまる見通し、収益成長力の鈍化が警戒視されているようだ。今期の市場予想は110億円レベルであったとみられる。なお、同時に発表した6月の月次動向では、既存店売上高は前年同月比7.3%増、前月の同1.7%増からは拡大へ。

<5019> 出光興産 2091 -121
大幅反落。SMBC日興証券では投資判断を「1」から「2」に格下げしている。目標株価も2900円から2300円に引き下げ。昭和シェル<5002>との「合併」が実現しないリスクが高まっており、現時点ではTOBによる子会社化が最も有力と捉えているもよう。完全な統合に比べ、子会社化の場合は合理化・効率化の金額的な効果は小さくなるとみられることを反映しているようだ。
《XH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均