4956 コニシ 東証1 15:00
1,274円
前日比
+31 (+2.49%)
比較される銘柄: カーバイド積水化藤森工業
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.2 0.97 1.73 4.70

銘柄ニュース

戻る
2015年11月02日11時41分

コニシ---上半期は12.3%営業増益、住宅関連や土木建築関連のほか一般家庭用も好調


接着剤メーカーのコニシ<4956>は30日、第2四半期累計(2015年4-9月期)決算を発表した。連結業績は、売上高が前年同期比3.1%増の563.73億円、営業利益が同12.3%増の26.26億円、経常利益が同17.3%増の26.82億円、純利益が同9.5%増の14.34億円となった。

各セグメントで増収増益となっているなか、主力のボンド事業部門が好業績を牽引した。住宅関連における住宅着工戸数の回復に伴う内装工事用接着剤や、土木建築関連における補修剤と建築用シーリング材が伸張した。ほか、一般家庭用関連ではテレビCMの宣伝効果や100円ショップチャネルでのアイテム増加などが奏功した。

通期業績予想は従来計画を据え置いた。売上高が前期比4.5%増の1210.00億円、営業利益が同12.4%増の59.70億円、経常利益が同10.5%増の60.40億円、純利益が同24.8%増の38.00億円を見込んでいる。

同社は、「ボンド」ブランドで知られる国内トップクラスの接着剤・シーリング材メーカーである。一般家庭用が有名であるが、産業用、住宅・建材用、建築・土木用と幅広い製品を揃えており、主たる市場は住宅・建築・土木関連である。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均