4924 シーズHD 東証1 15:00
3,250円
前日比
+70 (+2.20%)
比較される銘柄: 花王コーセーファンケル
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
27.9 6.01 1.45 0.71
決算発表予定日  2017/03/13

銘柄ニュース

戻る
2016年06月24日14時05分

シーズHD、国内大手証券は17年7月期に安定的な利益成長が可能とみる

 シーズ・ホールディングス<4924>が急反落。指数の下げにつられ、現在は今日の安値圏で推移している。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券がリリースしたリポートによると、16年7月期第3四半期累計(15年8月~16年4月)決算では、通信販売において健康食品などでの新規顧客獲得が伸び悩んだが、卸で売上6億円程度の出荷ズレを除くと、利益は概ね計画線で推移していると紹介。16年7期第3四半期より連結したエステ・サロン事業は、のれん償却後の営業利益率が12.8%だったと指摘。17年7月期はエステ・サロン事業が12カ月連結となるほか、白髪染め、健康食品など収益性の低い商品から、高単価の化粧品へのシフトが一巡するものの、購入履歴が長く高単価の優良顧客の増加により、安定的な利益成長が可能だろうと解説。

 レーティングは「オーバーウエイト」を継続。目標株価は2900円から2750円へ引き下げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均