4921 ファンケル 東証1 15:00
5,210円
前日比
+10 (+0.19%)
比較される銘柄: 花王小林製薬ライオン
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
39.5 4.35 1.15 3.08

銘柄ニュース

戻る
2017年01月31日09時52分

ファンケルが大幅続落、第3四半期はマーケティング費用かさみ営業赤字続く

 ファンケル<4921>が大幅続落。30日の取引終了後、17年3月期第3四半期累計(16年4~12月)の連結決算を発表。売上高は716億7400万円(前年同期比5.4%増)、営業損益は4億4000万円の赤字(前年同期13億8200万円の黒字)、最終利益は40億100万円(前年同期比4.3倍)と、営業赤字が続いていることが嫌気されている。

 前期に引き続き積極的な広告投資を行ったことで全体の売上高は増加した。一方で、マーケティング費用を増加させたことから営業赤字を余儀なくされた。

 なお、通期業績予想は従来見通しを据え置き、売上高990億円(前期比9.0%増)、営業利益30億円(同2.5倍)、最終利益62億円を見込んでいる。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均