4912 ライオン 東証1 15:00
2,193円
前日比
+9 (+0.41%)
比較される銘柄: 花王小林製薬アース製薬
業績: -
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
25.5 3.40 0.91 2.04

銘柄ニュース

戻る
2017年02月21日11時39分

<動意株・21日>(前引け)=ソフィアHD、四国電力、イグニス

 ソフィアホールディング<6942>=一時ストップ高。きょう付の日経産業新聞で、同社連結子会社のジーンクエストが「ライオンなどと、食品の機能と遺伝子との関係を解析する共同研究を始める」と報じられており、これを好材料視した買いが入っている。記事によると、食品が健康に及ぼす影響の個人差について情報を得ることを目的としており、ライオン<4912>の研究開発本部生命科学研究所(神奈川県小田原市)や東大の寄付講座「食と生命」と連携して22日から研究に取り組むとしている。

 四国電力<9507>=急動意。同社は20日取引終了後に17年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を6700億円から6800億円(前期比4.0%増)へ引き上げるとともに、営業利益を105億円から175億円(同29.2%減)へ、最終利益を45億円から90億円(同19.3%減)へ大幅上方修正した。これを好感する買いが流入している。融通などの増加に伴う需給関連収支の好転に加え、諸経費の減少が見込まれることなどが背景だが、最終利益は従来予想比で倍増しており、ポジティブサプライズとなった。

 イグニス<3689>=急反発。同社は20日、子会社のスタジオキングが提供している新感覚スマホRPG「ぼくとドラゴン」の2周年記念キャンペーンを開始したと発表。これを受けて同タイトルがAppRankで4位となっていることが買い手掛かりとなっているようだ。キャンペーン内容は、記念ガチャやレアメダル交換所景品追加、記念ログインボーナスなど。同社が13日に公表した17年9月期第1四半期(16年10~12月)決算の説明資料によると、同タイトルのダウンロード数は320万を突破している。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均