4912 ライオン 東証1 15:00
1,796円
前日比
+32 (+1.81%)
比較される銘柄: 花王小林製薬アース製薬
業績: 今期予想
化学
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
34.8 3.63 0.72 0.31

銘柄ニュース

戻る
2016年07月15日11時54分

注目銘柄ダイジェスト(前場):LINE、ファストリ、旭硝子など


ライオン<4912>:1581円(前日比-103円)
大幅反落。クレディ・スイス証券では、目標株価は1450円から1800円に引き上げているものの、投資判断は「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に格下げしている。過去1 年の株価パフォーマンスは世界の主要トイレタリー企業の中でもトップ。株価バリュエーションは大幅に切り上がっており、好材料は株価に十分織り込まれたとし、さらなる上方余地は乏しくなったと判断しているもよう。

旭硝子<5201>:591円(前日比+34円)
大幅続伸。前日に業績予想の上方修正を発表している。上半期営業利益は300億円から390億円に増額修正、前年同期比14%増と一転して2ケタ増益の予想となる。通期予想は750億円から840億円に上方修正へ。原燃料価格低下や欧州ガラス事業の好調が背景。円高の影響も警戒されていたため、市場予想を上回る水準への上方修正にはインパクトが強まる格好へ。

ファストリ<9983>:32180円(前日比+4520円)
大幅反発。前日に発表した第3四半期決算がポジティブなインパクトへとつながる。第3四半期累計営業利益は1458億円で前年同期比23%減益、通期予想は経常利益以下を下方修正している。ただ、3-5月期の実績465億円は市場予想を150億円程度上回っており、想定以上の収益改善と捉えられているようだ。過度な業績懸念が後退へ。野村證券では投資判断を「バイ」に格上げ、目標株価も35500円に引き上げている。

LINE<3938>:4680円
本日東証1部に新規上場、買い気配スタートとなり、公開価格比48%高となる4900円で初値をつけた。抜群の知名度を背景に市場の関心は高いものの、上場規模の大きさなどへの懸念は一部であった。ただ、先行上場した米国で想定以上に順調なスタートを切ったことで安心感が強まる形に。米国市場では、初値は公開価格を28%上回る42ドルとなり、終値は41.58ドルであった。現状の為替レートでは4300円台の水準であり、市場想定をやや上回る初値となった。

ロゼッタ<6182>:3595円(前日比+415円)
大幅続伸。1株につき2株の割合で株式分割を実施すると発表している。基準日は8月31日。同時に発表した16年3-5月期(第1四半期)決算は、売上高が前年同期比12.0%増の4.52億円、営業利益が前年同期比44.5%増の0.71億円だった。17年2月期の通期業績については、営業利益で前期比11.5%増の2.41億円とする従来予想を据え置いている。なお、立会外分売の実施もあわせて発表した。予定株式数は19万4000株。

ヨシムラフード<2884>:1399円(前日比+300円)
ストップ高。17年2月期の上期及び通期業績予想の上方修正を発表している。上期営業利益見通しは従来の1.41億円から2.09億円へ、通期見通しは3.71億円から4.05億円(前期は3.28億円)へと引き上げた。純和食品が新たにグループに加わったことに加え、楽陽食品の増産による操業度向上が寄与する。同時に発表した16年3-5月期決算は、営業利益が1.45億円だった(同社は今年3月4日上場のため前年同期実績の記載なし)。

イード<6038>:1061円(前日比+150円)
ストップ高。VR(バーチャルリアリティ)市場に本格参入すると発表している。サービス第1弾として、VR映像制作・配信を手掛けるシータと業務提携を行い、アイドルの実写映像に特化したVR映像配信プラットフォーム「EINYME(エイニーミー)」を公開した。EINYMEは自社制作コンテンツの配信のみならず、他社制作によるコンテンツ配信にも広げていくほか、PC以外の提供環境についても準備を進めていくという。

東京ベース<3415>:3300円(買い気配)
ストップ高買い気配。1株につき2株の割合で株式分割を実施すると発表している。基準日は8月31日。同時に発表した16年3-5月期(第1四半期)決算は、売上高が前年同期比51.7%増の18.80億円、営業利益が前年同期比87.6%増の2.20億円だった。17年2月期の通期業績については、営業利益で前期比36.3%増の9.00億円とする従来予想を据え置いている。

《KS》

 提供:フィスコ

日経平均