4911 資生堂 東証1 15:00
2,854.0円
前日比
-13.5 (-0.47%)
比較される銘柄: 花王コーセーポーラHD
業績: -
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
38.0 3.10 0.70 0.20

銘柄ニュース

戻る
2015年12月17日09時51分

インバウンド関連が軒並み高、11月の訪日客41%増と絶好調

 資生堂<4911>、オリエンタルランド<4661>、サンドラッグ<9989>、エイチ・アイ・エス<9603>、ラオックス<8202>などインバウンド関連株が軒並み高に買われている。前日引け後に日本政府観光局が11月の訪日外客数を発表したが、前年同月比41.0%増の164万8000人と、同月の過去最高だった14年の116万8000人を48万人上回る高水準の伸びをみせており、強力なインバウンド需要の追い風が改めて意識されている。

 今年の訪日外客累計では1796万4000人と政府が掲げていた「2020年に2000万人の目標」にあと200万人強と急接近しており、今年の達成は難しそうだが、来年には前倒しで達成される可能性が高まっている。政府の積極的な訪日プロモーションや円安基調の継続も寄与しており、安倍首相が新たな数値目標に3000万人と表明していることもあり、関連株は再び動意局面に入った。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均