4901 富士フイルム 東証1 15:00
4,255円
前日比
+23 (+0.54%)
比較される銘柄: キヤノンコニカミノル東芝
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.6 0.96 1.65 4.14

銘柄ニュース

戻る
2016年06月21日10時30分

富士フイルムが反落、肌のコラーゲン代謝を促進する独自成分「ナノビタミンAx」の新開発も反応薄

 富士フイルムホールディングス<4901>が反落。同社は20日、肌のコラーゲン代謝を促進する独自成分「ナノビタミンAx(エーエックス)」を新たに開発したと発表したが反応薄。今回、肌のコラーゲン代謝を促進する独自成分として、ビタミンA(レチノール誘導体)と抗酸化成分「アスタキサンチン」を組み合わせ、粒子径を世界最小クラス50ナノミリサイズにナノ乳化した独自成分「ナノビタミンAx」の開発に成功している。この成果を、6月24日から長崎大学で開催される「第48回 日本結合組織学会学術大会」で発表する予定で、今秋発売予定のスキンケア化粧品の開発に「ナノビタミンAx」を応用していく方針。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均