4901 富士フイルム 東証1 15:00
4,255円
前日比
+23 (+0.54%)
比較される銘柄: キヤノンコニカミノル東芝
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.6 0.96 1.65 4.14

銘柄ニュース

戻る
2015年12月16日13時02分

富士フイルムが3日ぶり反発、血液がん薬を18年度にも発売と報じられる

 富士フイルムホールディングス<4901>が3日ぶりに反発。きょう付の日経産業新聞で、「日米で2018年度にも、血液がんの抗がん剤を発売する」と報じられたことを好材料視した買いが入っている。記事によると、米国では第1相の臨床試験から、第2相の治験に進むことを決めたほか、日本では米国より一歩早い治験を実施中であるという。発売されれば、がん分野での同社初の薬となることから、医薬事業での牽引役となることが期待できそうだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均