4901 富士フイルム 東証1 15:00
4,243円
前日比
-23 (-0.54%)
比較される銘柄: キヤノンコニカミノル東芝
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.6 0.96 1.65 3.76

銘柄ニュース

戻る
2015年09月03日13時17分

富士フイルムが反発、国内大手証券がグローバルサービス事業説明会で成長性の高さを再確認

 富士フイルムホールディングス<4901>が4日ぶりに反発。前日比114円(2.4%)高の4880円まで買われている。きょうは、国内大手証券のポジティブなリポートが確認されている。
 同証券は、会社側がセルサイドアナリストを対象に開催した、ドキュメント事業に関するソリューションを担当し、マネージド・プリント・サービス(MPS) の同社ブランドXOSなどを提供する、グローバルサービス事業の説明会を受け、「同社のグローバルサービス事業の競争力、今後の成長性の高さが再確認できた」とコメント。同証券による業績予想を据え置き、投資判断「バイ」および目標株価5887円を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均