信用
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)のみができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
メディシノバの【株価予想】【業績予想】を見る

4875メディシノバ・インク

JQ
552円
前日比
-11
-1.95%
比較される銘柄
キッセイ, 
ジーエヌアイ, 
アンジェス
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
時価総額 247億円

銘柄ニュース

戻る

メディシノバ---2Q決算、普通株式を購入するストック・オプションの行使及び普通株式の売却により手取金を受領


メディシノバ<4875>は29日、2020年12月期第2四半期(20年1月-6月)連結決算(米国基準)を発表した。売上高が0百万米ドル(0.00億円)、営業損失が7.4百万米ドル(8.01億円)、同社株主に帰属する四半期純損失が7.1百万米ドル(7.71億円)となった。

研究開発及びパテント費は、前年同期3.1百万米ドル(3.33億円)に対し3.4百万米ドル(3.66億円)となった。当該0.3百万米ドル(0.32億円)の増加は、当第2四半期連結累計期間における臨床治験に係る費用の増加が、同社株価の下落により、業績目標に対する達成度に基づく(研究開発にかかわる)役職員への株式報酬の評価額が減少し、費用計上額が増加したことによるもの。

一般管理費は、前年同期6.1百万米ドル(6.57億円)に対し4.0百万米ドル(4.30億円)となった。当該2.1百万米ドル(2.26億円)の減少は、主として、同社株価の下落により、業績目標に対する達成度に基づく(一般管理業務にかかわる)役職員への株式報酬の評価額が減少し、費用計上額が減少したことによるもの。

2020年12月期通期の連結業績予想については、同社が進めている提携及び導出活動における価値の最大化を阻害する要因となる可能性が想定されること、また、提携契約の締結に至った場合、契約の内容によっては2020年12月期において見込んでいる研究開発費の一部が相手方負担となる可能性もあり、連結業績の合理的な予測が困難な状況であることから公表していない。なお、公表可能な状況になった時点で速やかに発表するとしている。

《ST》

 提供:フィスコ

日経平均