4776 サイボウズ 東証1 15:00
445円
前日比
+7 (+1.60%)
比較される銘柄: NTTDインユニシスSCSK
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
204 6.11 1.90 36.92

銘柄ニュース

戻る
2015年10月02日14時42分

ソフトバンク・テクノロジー---Pepper向け動作設定サービスの提供を開始


ソフトバンク・テクノロジー<4726>は、連結子会社のM-SOLUTIONS(株)が、9月29日に、サイボウズ<4776>が提供する「kintone」と連携したPepper向け動作設定クラウドサービス「Smart at robo for Pepper」の提供を開始したことを発表。

感情機能を搭載した人型のパーソナルロボット「Pepper」は、受付業務やセミナー・イベント案内、店頭スタッフといった法人企業における接客業務での活用も期待される。法人企業においては、意図する動作やセリフが必要な場合も多く、「Pepper」への動作要求は、専用のプログラミング・ソフトウェア「Choregraphe(コレグラフ)」上での開発が必要になる。

今回、M-SOLUTIONSはサイボウズの開発プラットフォームkintoneとChoregrapheを連携することで、複雑になりがちなロボットの動作開発を効率化し、自由自在に動作設定を行える「Smart at robo for Pepper」を開発。これにより、法人企業では動作開発の必要がなくなり、セリフを入力フォームに登録し、動作指定アイコンを選択し、胸のディスプレイに表示する動画や画像を指定するだけで、Pepperに意図した動作を指定することが可能になる。

M-SOLUTIONSは、ソフトバンクグループ<9984>中期計画で提案されたロボット事業のPepperに早い段階から取り組んでおり、2015年9月時点で20件弱のPepperアプリケーションを開発。ロボットアプリケーションの開発とコンサルティングの拡大に注力している。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均