4755 楽天 東証1 15:00
817.9円
前日比
+7.7 (+0.95%)
比較される銘柄: ヤフーディーエヌエNTTドコモ
業績: -
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
1.58 5.10
決算発表予定日  2018/11/08

銘柄ニュース

戻る
2017年02月21日12時09分

Eコマース市場の今後の成長に期待!!SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

国内企業の決算発表がようやく一巡しましたね。内容は好調と伝えられていますね。これを受けて、2/21付けの「DailyOutlook」に、関連記事が掲載されていましたので、ご紹介します。

まず同レポートでは、16年10-12月期の企業決算について、『俯瞰すると、Eコマース(EC)
セクターの業績好調が目立つ。国内の個人消費は2014年の消費増税をきっかけに長らく低迷してきた。一方で、ネットショッピングユーザーは年々増加しており、2015年の利用世帯(2人以上世帯対象)割合は約3割と身近なショッピングツールとして根付きつつある。ECの市場規模も年々増加しており、2015年には約13.8兆円にまで拡大した。(中略)今後、国内経済の回復とともに消費が盛り上がるにつれてあらゆる場所ですぐ検索でき、荷物を持つ必要のない手軽なECの存在感はより一層強くなるだろう』と伝えています。

これを受け、ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイ<3092>などを注目企業として挙げています。同社に関しては、『アパレルEC業界で確固たる地位を確立している。クーポンや後払い決済サービス(クレジットカードを持たない若者層を狙ったサービス)の導入により会員数を伸ばしている。また、商品の入荷・撮影・保管・梱包・発送を行う物流センターを保有していることも強みであり、今後もEC業界の牽引役となろう』との見解を述べています。

その他、同レポートでは、ヤフー<4689>やエニグモ<3665>、楽天<4755>などのEコマース関連銘柄を全6社紹介していますので、詳しくは2/21付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《SK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均