4726 ソフバンテク 東証1 15:00
2,645円
前日比
-92 (-3.36%)
比較される銘柄: ソフトバンクIIJソフトクリエ
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
17.2 2.30 1.13 5.01

銘柄ニュース

戻る
2016年07月14日10時33分

ソフトバンテクが4日続伸、子会社がNEDOの「クリーンデバイス社会実装推進事業」に参加と発表

 ソフトバンク・テクノロジー<4726>が4日続伸。午前10時ごろ、子会社サイバートラストが、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の「クリーンデバイス社会実装推進事業」に参加したと発表しており、これを好材料視した買いが入っているようだ。

 「クリーンデバイス社会実装推進事業」は、クリーンデバイスである高信頼多機能ウエアラブル・バイタルサインセンサーを使用した新たなユースケースの創出と、クリーンデバイスの「信頼性・安全性」や「標準化・共通化」の推進に取り組み、クリーンデバイスの普及拡大を目的に、14年より2年間にわたり行われたもの。

 サイバートラストは、被験者が装着するウエアラブル・バイタルサインセンサーから発信される各種の生体データをクラウドシステムへアップロードする際や、医療機関がクラウドシステムから生体データを入手する際などに、自社のPKI(公開鍵暗号基盤)の技術を利用した通信暗号化と端末認証およびクライアント認証の仕組みを活用し、高度なセキュリティー環境を実現。今後は、独自の認証サービスを利用したセキュアなウエアラブル・デバイスを活用したメンタルヘルスケアプログラムをサービスとして、企業に提供できる新しいビジネスモデルの開発に積極的に取り組むとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均