4704 トレンドマイクロ 東証1 15:00
4,105円
前日比
+30 (+0.74%)
比較される銘柄: SCSKデジアーツ大塚商会
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
30.2 3.86 0.87

銘柄ニュース

戻る
2016年08月12日07時32分

前日に動いた銘柄 part1:リクルート、ダイキン、タカラトミーなど


銘柄名<コード>⇒8月10日終値⇒前日比


トラスコ中山<9830> 5280 +395
9日に上半期決算発表、通期予想は上方修正している。

清水建設<1803> 984 +56
大手ゼネコン株高の流れにも乗る。

メディカルシス<4350> 491 -51
第1四半期は7割超の大幅減益に。

東和薬品<4553> 4080 -300
マッコーリー証券では投資判断を格下げへ。

前田道路<1883> 1752 -115
9日に決算発表、第1四半期は営業減益に。

PCデポ<7618> 1498 +136
第1四半期は営業7割超増益と好決算、株式分割も。

大真空<6962> 275 +26
耐熱性高めた水晶発振器を開発と報じられる。

戸田建設<1860> 535 +51
第1四半期営業益は上半期計画を超過へ。

タカラトミー<7867> 986 +81
第1四半期は前年同期比で赤字幅が大幅縮小。

JACリクルート<2124> 1161 +63
高成長内需株の一角には見直し買いの動きも。

リンク&モチ<2170> 247 +18
上半期は想定以上の大幅増益決算となる格好に。

東洋ゴム<5105> 1164 +72
場中に決算発表、上半期は従来予想比で上振れ着地。

日写印<7915> 2356 +161
医療機器会社の買収を引き続き評価も。

富士機械<6134> 1103 +75
第1四半期は大幅減益決算となったが悪材料出尽し感。

テンプHLDG<2181> 1585 +74
10日決算発表を控えて期待感なども。

日合成<4201> 906 +51
引き続きTOB価格910円に鞘寄せの動きへ。

ペプチドリーム<4587> 5530 +330
みずほ証券では自社創薬の進展は想定外の早いタイミングと。

雪印メグミルク<2270> 3280 +80
場中に決算発表、第1四半期は営業4割増益に。

イーレックス<9517> 2670 +120
足元で利食い優勢となった内需株には押し目買いも。

ウェルネット<2428> 1465 +69
「バスもり コンシェルジュ」のサービスを開始と。

ゼンショー<7550> 1735 +104
第1四半期の収益変化率の高さを材料視。

オンワードHLDG<8016> 720 +41
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では目標株価を引き上げ。

日新電機<6641> 1602 +82
調整一巡感から押し目買いの動きにも。

リクルート<6098> 4010 +200
インパクトは限定的ながらも順調な決算内容を評価。

丸井G<8252> 1334 +48
株価の底打ち感から買戻しも優勢の展開に。

マイクロニクス<6871> 1244 +44
直近ではモルガン・スタンレーMUFG証券が2段階格上げ。

ダイキン<6367> 9164 +373
第1四半期は市場予想を大きく上回る着地に。

トレンド<4704> 3950 +190
上半期は減益決算も想定線で安心感。

近鉄エクス<9375> 1236 -252
通期営業益は164億円から125億円に下方修正。

アイダエンジ<6118> 726 -150
通期営業利益は81億円から65億円に下方修正。

ダイフク<6383> 1721 -336
上半期受注高の下方修正などを嫌気。

クックパッド<2193> 1055 -247
決算受けてマッコーリー証券では投資判断格下げのもよう。

クレハ<4023> 370 -57
第1四半期営業利益はほぼ半減に。

リゾートトラスト<4681> 2036 -369
第1四半期営業利益は約8割の減益に。

日本信号<6741> 854 -102
上半期営業益は13億円から8億円に減額。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均