4689 ヤフー 東証1 15:00
410円
前日比
-6 (-1.44%)
比較される銘柄: ソフトバンク楽天ディーエヌエ
業績: -
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
2.71 2.16 10.76

銘柄ニュース

戻る
2015年09月15日14時32分

欧州大手証券、現時点で悪材料が織り込まれている10銘柄に注目

 UBS証券の日本株投資戦略では、中国経済への懸念と不信感が高まっていることを受け、「地政学的にも日本企業は無関係ではいられない」とみて、日本企業の収益悪化への織り込みは、おおよそ14%程度と想定。それでも、「中国経済は現時点で金融危機にまで発展しない」との見方で、「当局の断続的な政策サイドからの支援によって最悪の事態は避けられる」と解説。
 魅力的な投資対象となるのは、「現時点で悪材料が織り込まれている銘柄」とみて、個別では、オリックス<8591>、鹿島建設<1812>、ヤフー<4689>、東レ<3402>、新日鉄住金<5401>、三菱電機<6503>、アルプス電気<6770>、キーエンス<6861>、日産自動車<7201>、近鉄エクスプレス<9375>を推奨している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均