4668 明光ネット 東証1 15:00
1,004円
前日比
-23 (-2.24%)
比較される銘柄: リソー教育東京個別ベネッセHD
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
17.7 2.03 3.98 3.65
決算発表予定日  2017/01/11

銘柄ニュース

戻る
2016年08月04日16時38分

明光ネット Research Memo(2):業界トップ学習塾「明光義塾」以外にも様々な教育サービス事業を展開


■明光ネットワークジャパン<4668>の事業概要

個別指導学習塾で業界トップの「明光義塾」の直営事業、及びFC事業が収益の柱。自立学習による人材育成を教育理念として、明光義塾以外の教育サービス事業にも積極的に展開している。

具体的には、子どもを対象としたサッカースクール「明光サッカースクール」、難関校受験生を対象とした個別指導塾「早稲田アカデミー個別進学館」、学童保育の「明光キッズ」、のほか、子会社で医科大学進学専門の予備校や、外国人を対象とした日本語学校を運営している。また、子会社の(株)ユーデックで受験情報誌発行、模擬試験問題作成、教材販売及び学内予備校事業を、その子会社となる(株)晃洋書房で学術専門書出版事業を展開しているほか、2016年3月に新たに大学入試、大学教育に関する事業を行う古藤事務所を子会社化している。

2016年8月期第3四半期累計の事業セグメント別構成比では、明光義塾事業(直営、FC 含む)が売上高、利益の大半を占める主力事業となっている。中期戦略としては、明光義塾事業の持続的成長に加えて、その他教育サービス事業を拡大していくことでグループ全体の成長を目指していく方針となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均