4651 サニックス 東証1 15:00
164円
前日比
-2 (-1.20%)
比較される銘柄: アサンテトランスGエプコ
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
3.52 1.34

銘柄ニュース

戻る
2015年11月17日07時32分

前日に動いた銘柄 part1:オープンハウス、アスクルなど


銘柄名<コード>⇒16日終値⇒前日比

SBSHD<2384> 1163 +41
先週末に発表した第3四半期の好決算を評価へ。

サニックス<4651> 242 -21
通期営業利益は40億円から8.5億円に下方修正へ。

ゼビオHD<8281> 2154 -185
先週末には決算発表後に上昇したが。

東亜道路<1882> 444 -30
上半期の収益上振れ決算発表されるが出尽し感に。

さが美<8201> 137 -9
高水準の信用買い残が重しとなる。

神鋼環境<6299> 609 +80
ユーグレナの製造販売開始に向けた「営業開始届」提出と。

長大<9624> 482 -47
今期の2ケタ減益見通しが嫌気される。

エスケイジャパン<7608> 563 +80
貸借取引で品貸料の最高料率10倍と伝わる。

アイスタイル<3660> 1620 +217
値動きの軽さも支援となる格好に。

ディア・ライフ<3245> 449 +36
中期計画の発表なども行っている。

小松精練<3580> 743 +44
炭素繊維の耐震補強材を開発などと伝わっている。

ネクソン<3659> 1761 +112
第3四半期決算は計画比上振れとなり。

秀英予備校<4678> 616 +45
特に材料見当たらないが買戻しなど優勢か。

阿波銀行<8388> 722 +42
増配や自社株買いの実施などを発表している。

ソースネクスト<4344> 542 +26
先週末に発表の上半期上振れ決算を評価も。

オープンハウス<3288> 2286 +266
前期業績は上振れ着地で今期も2ケタ増益見通し。

アスクル<2678> 5120 +260
10月高値更新で買戻しが優勢にも。

サクサHLDG<6675> 247 +7
フランスのテロ事件を受けてセキュリティ関連の一角が買われる。

アルバック<6728> 2945 +188
決算評価の動きが継続、買戻しの動きなども。

JX<5020> 482.1 +19.4
東燃ゼネラルとの統合交渉が報じられる。

あいHLDG<3076> 3250 +210
パリのテロ事件を受けて監視カメラに関心も向かう。

東映<9605> 1131 +55
先週発表した業績上方修正などを引き続き評価へ。

コロプラ<3668> 2617 +105
7月のマド埋めを目指す動きにも。

池上通信機<6771> 159 +5
テロ事件発生を受けて監視カメラ関連などに思惑も。

参天製薬<4536> 1890 +34
ディフェンシブ性も強くリバウンド継続の動きに。

ディップ<2379> 2773 +88
ショートカバーの動きが優勢と捉えられる。

アジアパイル<5288> 579 -100
杭打ち工事でデータ改ざんが発覚と伝わる。

ブイキューブ<3681> 1693 -500
通期営業利益は5億円から3億円に下方修正。

関東電化<4047> 866 -141
上半期好決算発表も出尽し感が優勢に。

日本農薬<4997> 712 -101
今期の大幅減益見通しが弱材料視される。

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均