信用
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)のみができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
窪田製薬HDの【株価予想】【業績予想】を見る

4596窪田製薬HD

東証M
262円
前日比
-5
-1.87%
比較される銘柄
ジーエヌアイ,
オンコセラピ,
ステムリム
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
1.68
時価総額 113億円
決算発表予定日

銘柄ニュース

戻る

窪田製薬ホールディングス---遠隔医療眼科網膜モニタリング機器「PBOS」、網膜断面画像の3D化に成功


窪田製薬ホールディングス<4596>は29日、子会社のクボタビジョン・インク(本社:米国ワシントン州)が開発する遠隔医療眼科網膜モニタリング機器「PBOS」にて、AIによる機械学習の結果、網膜断面画像の3D化に成功したことを発表。

PBOSは、必要最低限の機能に絞ることで超小型化・軽量化し、またネットワーク機能を持たせることで、網膜疾患の患者が自宅で網膜の状態を測定でき、網膜の病状の経過を、医師が遠隔で診断できるシステムである。

すでに初期型の量産型試作機が完成しており、現在は更なる機能改善のためソフトウェア改良を行っている。3D画像が作成されることで、網膜の厚さの測定精度が高まり、組織から滲出された液成分の滞留の有無を検出することが可能となる。これは、現在模索しているパートナー企業との共同開発、商業化に向け、同社製品の価値を高めることになるとしている。

《ST》

 提供:フィスコ

日経平均