4593 ヘリオス 東証M 15:00
1,874円
前日比
-32 (-1.68%)
比較される銘柄: サンバイオリプロセルニッピ
業績: -
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.17 21.49

銘柄ニュース

戻る
2016年08月01日10時40分

そーせいグループなどバイオ関連株に物色人気再燃、ポケモンからの個人資金波及

 そーせいグループ<4565>が一時600円近い上昇で1万7000円大台を目前にとらえたほか、サンバイオ<4592>、ヘリオス<4593>、タカラバイオ<4974>、グリーンペプタイド<4594>、ナノキャリア<4571>などがまとまった買いを集めるなど、バイオ関連に再び上値指向を鮮明とする銘柄が目立ってきた。

 前週末の日銀金融政策決定会合では追加緩和に動いたものの、小出しとの見方もあったほか、注目された4~6月期の米GDP速報値は前期比年率1.2%増と市場コンセンサスを下回る水準で、主力株は今ひとつ上値を買いにくい相場環境にある。そのなか、為替相場や海外市場の影響を受けにくいテーマ買い対象として、需給面から売り物が希薄化しているバイオ関連株に個人投資家を中心とした短期資金の流入を誘っているもようだ。国内ネット証券大手の店内でも「これまで偏っていたポケモン関連銘柄の資金流入がバイオなどのテーマ株に分散傾向にある」(マーケットアナリスト)としている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均