4589 アキュセラ・インク
業績: -
単位 -株
PER PBR 利回り 信用倍率

銘柄ニュース

戻る
2016年06月10日11時09分

アキュセラが一時2000円回復、安値から倍化で強弱感も

 アキュセラ<4589>が4日続伸。株価は一時、2050円まで買われ、その後は高値圏での一進一退となっている。依然、活発な売買が続いている。ドライ型加齢黄斑変性治療薬候補「エミクススタト塩酸塩」は臨床第2b/3相試験で有効性が示されず、株価は暴落。その後、SBIホールディングスの株式買い増しが明らかになったこともあり、株価は急速に値を戻してきた。ただ、6日安値986円からのリバウンドで株価は倍化したほか、心理上の節目である2000円を突破したことで、目標達成感が出る可能性もあり強弱感は対立しており、買い一巡後は1950円前後でのもみ合いとなっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均