4588 オンコリス 東証M 15:00
1,391円
S高
+300 (+27.50%)
比較される銘柄: カイオムオンコセラピジーンテクノ
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
4.61

銘柄ニュース

戻る
2016年12月02日15時23分

<動意株・2日>(大引け)=イトーヨーギョー、ピクセルカンパニーズ、クラリオンなど

 イトーヨーギョー<5287>=急伸。東京都の小池百合子知事が、1日に開会した都議会で所信表明演説を行い、無電柱化の推進に向けて条例の制定を目指す意向を示したこと受けて、関連銘柄が物色された。同社では無電柱化に向けたコンクリート製品の「D.D.BOX」シリーズを展開しており、無電柱化による需要増の思惑が働く。また、同じく無電柱化関連として、電線共同溝を手掛けるゼニス羽田ホールディングス<5289>や、共同溝向けの鉄蓋を手掛ける日本鋳鉄管<5612>なども大幅高となっている。

 ピクセルカンパニーズ<2743>=後場に入り一時ストップ高。この日は、統合型リゾート施設(IR)整備推進法案(カジノ法案)が衆院内閣委員会で採決される見通しと伝わったことで、これを材料視する買いと利益確定の売りで午前中は荒い展開となっていたが、午後0時30分ごろに法案が可決されたと伝わったことで、思惑的な買いが一気に強まった。

 クラリオン<6796>=大幅反発。1日付で三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティング「オーバーウエート」継続、目標株価を370円から480円へ引き上げた。「ADAS(Advanced Driver Assistant System)」の収益貢献が第3四半期決算以降顕在化すると指摘。17年3月期は通期連結営業利益で会社側計画の100億円(前期109億7200万円)に対して従来予想の105億円から116億円へ、18年3月期は115億円から137億円へ引き上げている。

 オンコリスバイオファーマ<4588>=ストップ高。中国の江蘇恒瑞医薬(ハンルイ社)と「OBP-301(テロメライシン)」の中国・香港・マカオにおける独占的ライセンス契約を締結したと11月30日に発表したことが材料視され、前日に値幅制限いっぱいまで買われた流れを引き継ぐかたちとなっている。この発表前まで株価は75日移動平均線を下回って推移していたこともあり、物色人気が集まりやすくなっている面もあるようだ。

 神栄<3004>=急動意で年初来高値更新。きょう付の日本経済新聞が「キヤノンは宇宙ロケット事業に参入する」と報じたことや、エイチ・アイ・エス<9603>とANAホールディングス<9202>が1日に宇宙船開発ベンチャーのPDエアロスペース(名古屋市緑区)に出資すると発表したことが刺激となり、宇宙関連として同社への関心が高まっているもよう。同社は10月14日に、子会社の神栄テクノロジーが宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究提案に応募し、選定されたと発表。選定されたテーマは「ガス中微量水分計の小型・軽量・ロバスト化(外部要因による影響を受けないようにすること)技術の研究」で、JAXAのほか、産業技術総合研究所および大阪大学とも共同で行うとしている。

 日本アジア投資<8518>=ストップ高。前日は目先筋の利益確定売りが集中し一時ストップ安に売られる場面があったが、きょうは大きく切り返し下げ分を帳消しにする物色人気となった。同社株の人気化は、投資先でスマートフォン向けコンテンツビジネスなどを中国展開するアクセスブライトが、大ヒット中の映画「君の名は。」の配給・配信権利を取得していることが発端となっている。11月24日を境に急動意、取引時間中も含めると4日連続ストップ高と気を吐いた。その後調整を入れたものの、「中国ではきょう(12月2日)から『君の名は。』が公開されており、中国全土で上映展開することが伝わっていることもあって改めて株価を刺激している。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均