4577 ダイト 東証1 15:00
2,010円
前日比
0 (0.00%)
比較される銘柄: 生化学協和キリンカルナバイオ
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
9.7 1.08 1.49 2.68
決算発表予定日  2017/01/13

銘柄ニュース

戻る
2016年07月13日14時34分

ダイトは大幅続落、17年5月期増収増益見通しも材料出尽くし感強まる

 ダイト<4577>は大幅続落。12日の取引終了後に発表した17年5月期の連結業績予想は、売上高381億円(前期比4.8%増)、営業利益は37億円(同4.1%増)と増収増益を見込んでいるが、株価は6月下旬から上昇局面を継続していただけに、材料出尽くし感から利益確定売りが優勢となっている。

 原薬で、新工場の本格稼働に伴うジェネリック医薬品向けの伸長や、新規収載品目の売り上げ増加が予想されるほか、製剤ではジェネリック医薬品における新規品目の販売に加えて、既存品の販売増加が予想できるという。設備投資による減価償却費の増加や新規品目における研究開発費の増加も見込まれるが、それらを吸収して増収増益を確保する見通しだ。

 なお、16年5月期決算は、売上高363億7000万円(前の期比6.8%増)、営業利益35億5500万円(同1.0%増)だった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均