4574 大幸薬品 東証1 15:00
2,372円
前日比
+71 (+3.09%)
比較される銘柄: UMN栄研化久光薬
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
37.2 2.21 0.63 0.22
決算発表予定日  2017/11/10

銘柄ニュース

戻る
2016年09月16日12時57分

大幸薬品 Research Memo(4):胃腸薬及びクレベリン関連製品の新規パイプラインが充実


■アライアンス及び新規開発の動向

胃腸薬及びクレベリン関連製品で、新規の開発案件及び新規のチャネル開拓が進捗している。自社での新製品開発では、医薬品事業で胃腸薬の開発プロジェクトが順調に進捗しており、国内医薬品事業のシェア奪還の起爆剤になるのか、情報公開の時期が待たれる。感染管理事業においては、クレベリンの新バージョンが開発されており、当期中の上市が計画されている。

他社とのアライアンスによる新規事業に関しても当期は大きな動きがあった。まず、アース製薬との資本業務提携が締結され、大幸薬品<4574>は12億円を調達し、既に新製品の共同開発が始まった(詳細は後述)。また、ペット系の企業との新製品共同開発プロジェクトも推進中であり、早ければ当期中に新製品が発売される。これら取り組みによるクレベリンブランドのさらなる価値向上への貢献も期待できよう。

新規販売チャネルの開拓に関しては、2016年7月に病院向けの購買代行や物流管理、コンサルティングを行っている(株)エーエヌディー(本社福岡市)との資本提携が行われた。業務用の院内衛生管理製品の拡販を担う新たなチャネルとなる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均