4572 カルナバイオサイエンス JQG 15:00
1,368円
前日比
-25 (-1.79%)
比較される銘柄: タカラバイオシンバイオリプロセル
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.31

銘柄ニュース

戻る
2017年02月21日09時31分

カルナバイオが反発、TNIKキナーゼ阻害剤に関し米特許庁から特許査定通知を受領

 カルナバイオサイエンス<4572>が6日ぶりに反発している。20日の取引終了後、国立がん研究センター(東京都中央区)との共同研究で創出したTNIKキナーゼ阻害剤に関して、米国特許商標庁から特許査定通知を受け取ったと発表しており、知的財産戦略の強化につながるとの見方から買われているようだ。

 TNIKキナーゼは、がんの発生や幹細胞の維持に深く関与していると考えられているWntシグナル伝達経路において重要な役割を果たしているキナーゼタンパク質の一つ。同社では、国立がん研究センターと共同で、TNIK阻害薬の創製に関する研究開発を行っている。

 また同時に、研究開発中のCDC7阻害薬に関する研究成果が、国際的な創薬化学専門誌「European Journal of Medicinal Chemistry」に掲載されたとあわせて発表した。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均