4572 カルナバイオサイエンス JQG 15:00
1,840円
前日比
-18 (-0.97%)
比較される銘柄: タカラバイオシンバイオリプロセル
業績: -
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
9.26 9,897

銘柄ニュース

戻る
2015年09月03日14時52分

カルナバイオサイエンス---広島大学と慢性骨髄性白血病のがん幹細胞を標的とした治療薬開発の共同研究契約締結


カルナバイオサイエンス<4572>は8月20日、広島大学原爆放射線医科学研究所と慢性骨髄性白血病のがん幹細胞を標的とした治療薬(キナーゼ阻害薬)開発に関する共同研究契約の締結を決議したと発表。

現在、慢性骨髄性白血病の治療には、イマチニブメシル酸塩をはじめとするチロシンキナーゼ阻害剤が広く使用されており、大きな治療効果を示しているが、一部の患者では、根治せず再発することがあり、大きな問題となっている。近年、がん克服のアプローチとして、がん細胞を生み出すもととなる「がん幹細胞」が注目を集めているが、白血病細胞の中にも少数のがん幹細胞が存在することが明らかとなっており、最近の研究では、チロシンキナーゼ阻害剤治療後の再発の原因として、この慢性骨髄性白血病のがん幹細胞が大きく関与していることが明らかになっている。

広島大学原爆放射線医科学研究所の幹細胞機能学研究分野では、白血病等の難治性疾患に対する治療として、造血幹細胞に関する研究を進めており、同大学の仲一仁准教授らと、慢性骨髄性白血病のがん幹細胞を標的とした新しい医薬品候補化合物の創製を目指し、共同研究を開始することとなった。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均