4568 第一三共 東証1 15:00
2,396.0円
前日比
+6.0 (+0.25%)
比較される銘柄: 武田大正薬HDエーザイ
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
24.4 1.37 2.92 2.55

銘柄ニュース

戻る
2015年08月19日16時42分

第一三共---大幅反落、米系証券では投資判断を格下げへ


第一三共<4568>は大幅反落。モルガン・スタンレーでは投資判断を「イコールウェイト」から「アンダーウェイト」に格下げしている。目標株価は2000円を継続のようだ。好調な第1四半期決算や500億円の自社株取得などで、株価は4月末以降セクター平均を大きく上回るパフォーマンスとなっている。ただ、今期の一過性の業績上積みの反動から、来期のパテントクリフの落差は更に深まったと指摘。8月末以降の株価調整は不可避と考えているもよう。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均