4563 アンジェス 東証M 15:00
525円
前日比
-2 (-0.38%)
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.42 9,292

銘柄ニュース

戻る
2017年03月09日16時52分

アンジェス Research Memo(6):研究開発費の減少により2017年12月期の損失額は縮小に向かう


■業績動向

2. 2017年12月期の業績見通し
アンジェスMG<4563>の2017年12月期の業績は、事業収益で360百万円、営業損失、経常損失、親会社株主に帰属する当期純損失はいずれも3,400百万円となる見通し。事業収益については「ナグラザイム」の売上見込みだけを計画に入れており、契約一時金などは見込んでいない。一方、費用面ではNF-κBデコイオリゴ(アトピー性皮膚炎治療薬)の臨床試験関連費用がなくなることを主因に、研究開発費が前期の4,188百万円から2,700~2,800百万円まで減少する見込みとなっており、営業損失額もほぼ同額分が縮小する計画となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均