4549 栄研化学 東証1 15:00
2,849円
前日比
-21 (-0.73%)
比較される銘柄: 医学生物カイノスタカラバイオ
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
28.7 1.79 1.40 1.41

銘柄ニュース

戻る
2016年01月06日11時35分

栄研化学、国内証券はLAMP法結核スクリーニング検査のWHO採用が加われば高成長と予想

 栄研化学<4549>が続落。マイナススタートで始まり、その後も売りが優勢の展開。

 国内大手証券では、国内・海外の便潜血検査普及の見通しに変更は無く、LAMP法結核スクリーニング検査のWHO正式採用が加われば高成長が予想されると指摘。16年3月期は一転して、「下期国内復調、海外は期ズレで下期のみ軟調」とみて、通期営業利益予想を34億4000万から33億6000万円(会社計画は33億3000万円)に引き下げた。

 レーティング「バイ」、目標株価3100円を継続している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均