4530 久光製薬 東証1 15:00
5,350円
前日比
-20 (-0.37%)
比較される銘柄: 大正薬HD第一三共ツムラ
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
23.1 2.03 1.51 0.06
決算発表予定日  2017/01/13

銘柄ニュース

戻る
2015年12月09日15時32分

久光薬が経皮吸収型持続性アレルギー性鼻炎治療剤の国内第3相比較臨床試験を開始

 久光製薬<4530>がこの日の取引終了後、経皮吸収型持続性アレルギー性鼻炎治療剤(開発コードHP-3060)の国内第3相比較臨床試験を開始したと発表した。
 同剤は、同社のTDDS(経皮薬物送達システム)技術を用いて開発した経皮吸収型製剤の一つ。安定した血中薬物濃度を維持し効果を持続させることで、アレルギー性鼻炎治療剤の新たな選択肢となることが期待されているという。今回開始した第3相比較臨床試験では、アレルギー性鼻炎を有する成人患者を対象に、同剤を1日1回投与した際の有効性、安全性について、本剤のプラセボおよび既承認の経口剤との比較検討をするという。なお、同社は16年度中の製造販売承認申請を目指している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均