4521 科研製薬 東証1 15:00
5,720円
前日比
-90 (-1.55%)
比較される銘柄: 生化学田辺三菱キョーリン
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.2 2.47 2.62 5.81

銘柄ニュース

戻る
2015年10月02日07時33分

前日に動いた銘柄 part2:日産、ラオックスなど


銘柄名<コード>⇒1日終値⇒前日比

マツダ<7261> 1978 +98
過度なディーゼル車への不安が解消する方向で。

科研製薬<4521> 9630 -1420
クレナフィンの競合品開発が明らかになり競争懸念。

ワタミ<7522> 850 -80
介護事業を損保ジャパン日本興亜に売却と伝わるが。

スター精密<7718> 1535 -91
上半期決算は経常利益・最終利益が下振れ着地に。

エムティーアイ<9438> 778 -41
中小型株の一角では戻り売りも目立つ。

ダイセキ<9793> 1945 -89
上半期決算は想定どおりの着地で出尽くし感。

キトー<6409> 850 -36
特に材料なく前日上昇の反動で戻り売りか。

大成建設<1801> 751 -27
清水建設のCB発行がセクター全般に悪影響も。

清水建設<1803> 995 -29
CB発行の発表がネガティブ視される。

日本基礎技術<1914> 548 -27
建設株安の中で利食い売りが進む形に。

ユーグレナ<2931> 1704 -54
戻り売りが優勢、特に材料は見当たらないが。

DCM HLDG<3050> 849 -25
決算発表後は手仕舞い売り優勢が継続。

西松建設<1820> 483 -13
建設株安の流れに押される格好へ。

みずほFG<8411> 230.1 +7.2
日経平均の大幅高でメガバンクも買いが優勢に。

シャープ<6753> 140 +3
複数で目標株価引き下げの動きが観測。

アイフル<8515> 455 +13
日銀の追加緩和期待なども反映する動きか。

日立<6501> 628.5 +27.6
ビッグデータを活用した地方都市のインフラ効率化事業をNTTと共同展開。

日産<7201> 1150 +56
クレディ・スイスでは買い推奨に格上げへ。

三井物産<8031> 1357.5 +17.0
商品市況の上昇などで買戻しが優勢に。

ソニー<6758> 2996.0 +97.5
前日はゴールドマン・サックスが買い推奨でカバレッジ再開。

ソフトバンクG<9984> 5629 +152
シティグループでは新規「1」で9000円目標に。

NTT<9432> 4335 +157
シティグループでは通信セクターのトップピックと。

ファナック<6954> 19035 +720
日銀短観受けて設備投資関連には見直しの動き。

ラオックス<8202> 379 +24
中国の「国慶節」入りでインバウンド関連として関心。

ベステラ<1433> 8330 +1120
日銀短観受け設備投資関連として関心高まる。

ソフトフロン<2321> 359 +33
郵政・デジタルポスト関連として依然関心高い。

トランスG<2342> 878 +86
資本提携先が「ほっかいどう地方創生ファンド」から出資受ける。

ファーマF<2929> 405 +80
新タイプの免疫チェックポイント阻害剤を共同開発と報じられる。

JMNC<3645> 455 +80
広島大学発のベンチャー企業ミルテルと資本・業務提携。

ODK<3839> 356 +14
金融機関向け「マイナンバー管理システム」提供。

ブロードメディ<4347> 116 -21
信用規制実施で利益確定売り優勢に。

Gunosy<6047> 1132 -172
15年6-8月期は前四半期比で減収減益。

京写<6837> 505 -100
16年3月期の上期及び通期業績予想を下方修正。

ヤマノHD<7571> 101 +6
和装用品専門店等を展開するすずのきを子会社化。

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均