4507 塩野義製薬 東証1 15:00
5,319円
前日比
-49 (-0.91%)
比較される銘柄: 武田大正薬HD第一三共
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
21.9 3.29 1.28 3.61

銘柄ニュース

戻る
2015年11月24日11時00分

塩野義製薬が高値更新、国内大手証券はHIV治療薬のポジショニングは盤石との考え

 塩野義製薬<4507>が朝方一時、54円高まで買われ年初来高値を更新。買い一巡後は、上値が重い格好となり、現在は前週末終値近辺での推移となっている。
 野村証券では、業績牽引役として、オピオイド誘発便秘治療薬naldemedineに注目。フェーズ3臨床試験は既に終了、18年3月期に発売されると見るなか、DTGの併用療法の開発にも注目しており、cabotegravirはHIVの予防薬になる可能性も秘めると解説。
 短期的な向かい風は多いが同社創製のHIV治療薬のポジショニングは盤石と考え、レーティング「バイ」、目標株価6800円でカバレッジを再開している。
《MK》

株探ニュース


日経平均