4503 アステラス製薬 東証1 15:00
1,530.0円
前日比
-8.0 (-0.52%)
比較される銘柄: 武田エーザイ第一三共
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.2 2.62 2.22 4.40

銘柄ニュース

戻る
2016年08月18日12時52分

稼ぐ力を強めている企業ってどこ? SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

今日は前回に続いて17/3第1四半期の決算報告を受けてのレポートをご紹介します。

TOPIX採用3月決算企業の1Q(4-6月期)決算では、6割の企業が経常減益となり、全体では『前年同期比6.9%減収、19.4%経常減益で着地』しました。しかし、事前の市場予想に比べると『約半数の銘柄が市場予想を上回っており、業績悪化懸念は後退しつつある』と考えられそうです。

一方で、通期の経常利益予想は『期初時点の前期比3.2%減から4.5%減に小幅ながら減額修正』されており、さらに『1Qの経常利益率は前年同期の8.6%から7.7%まで低下している』という状況です。

こうした中、SMBC日興証券では『「稼ぐ力」の強化は今後も企業の課題であろう』として、今決算で『付加価値の創造や「選択と集中」といった企業戦略により、逆に収益性を高めた企業』を評価。今後評価が高まる可能性があり、要注目だとしています。

レポートで「1Q決算で経常利益率が改善した銘柄」として取り上げられているのはNTTドコモ<9437>、ホンダ<7267>、アステラス薬<4503>など10社です。

詳しくは8/18の「Daily Outlook」を見てみてくださいね。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均