貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
日経平均株価の構成銘柄。同指数に連動するETFなどファンドの売買から影響を受ける側面がある
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
武田の【株価予想】【業績予想】を見る

4502武田薬品工業

東証1
3,683円
前日比
-25
-0.67%
比較される銘柄
第一三共, 
エーザイ, 
塩野義
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
31.9 1.24 4.89 33.75
時価総額 58,112億円
決算発表予定日

銘柄ニュース

戻る

ツインバードは大幅続落、22年2月期上期は大幅黒字転換見通しも材料出尽くし感

 ツインバード工業<6897>は大幅続落している。8日の取引終了後、22年2月期上期(21年3~8月)連結業績予想を発表し、売上高72億円(前年同期比37.5%増)、営業利益4億円(前年同期9700万円の赤字)、最終利益2億円(同1億2000万円の赤字)と黒字転換を見込むとしたが、目先の材料出尽くし感から売られているようだ。

 新型コロナウイルス感染症ワクチン用ディープフリーザーの需要拡大ペースを見極める必要があることから、通期見通しは開示せず上期見通しのみの発表となったが、武田薬品工業<4502>向けディープフリーザー5000台の納品が4月中に完了する予定であることが寄与する。なお、年間配当は前期比3円増の15円を予定している。

 なお、21年2月期決算は、売上高125億500万円(前期比2.9%増)、営業利益6億800万円(同3.4倍)、最終利益1億6400万円(前期1億3300万円の赤字)だった。ディープフリーザーの大型受注が業績を牽引した。

出所:MINKABU PRESS

日経平均