4502 武田薬品工業 東証1 15:00
4,678円
前日比
+8 (+0.17%)
比較される銘柄: 第一三共アステラスエーザイ
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
40.1 2.01 3.85 2.83

銘柄ニュース

戻る
2015年12月15日09時22分

武田薬が反発、「リュープリン」の24週間持続製剤を国内で発売

 武田薬品工業<4502>が反発。同社はこの日、「リュープリン」(一般名はリュープロレリン酢酸塩)の24週間持続製剤である「リュープリンPRO注射用キット22.5ミリグラム」について、前立腺がんおよび閉経前乳がん治療薬として国内で発売を開始したことを発表した。リュープリンは、同社が創製したLHーRHアゴニスト(黄体形成ホルモン放出ホルモン誘導体)注射用製剤で、脳下垂体に持続的に作用し、脳下垂体の反応性を低下させることで性ホルモンの産生を抑制する。今回発売した24週間持続製剤は、前立腺がんの適応で既に米国、欧州およびアジアの一部の地域で販売されている。閉経前乳がん治療薬としては、世界初の24週間持続製剤の発売となる。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均