信用
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)のみができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
カオナビの【株価予想】【業績予想】を見る

4435カオナビ

東証M
5,720円
前日比
-680
-10.63%
比較される銘柄
Sansan, 
チムスピ, 
ギークス
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
22.94 341

銘柄ニュース

戻る

<動意株・16日>(大引け)=ピアラ、カオナビ、J・TECなど(その1)

 ピアラ<7044>=急反騰。14日の取引終了後、プロスポーツ選手のマネジメント業務などを行うUDN SPORTS(ユー・ディー・エヌ・スポーツ)と業務提携を締結し、今秋からモノとコトのプロデュース支援を開始すると発表。15日は地合い悪のため反応は鈍かったが、この日は改めてこれを好材料視した買いが入っているようだ。UDN SPORTSは、これまで行ってきたマネジメント業務に加え、今後子どもたちとアスリートの交流を通じたサッカー教室・大会などの企画や、チャリティー活動、アスリートの意見を反映したオリジナル商品の開発・販売を行うコマース事業などを予定しているが、ピアラではこの「モノ」と「コト」に関わるプロデュースからeコマースの構築・運用までをサポートするという。具体的には、ピアラが7月にサービスを開始した「BEATMAKER(ビートメーカー)」をもとに、ビューティ&ヘルス及び食品領域のオリジナル商品開発のプロデュースを行うとしている。

 カオナビ<4435>=大幅続伸。14日に発表した20年3月期第1四半期(4~6月)単独決算が好感され、前日にストップ高まで上昇した流れが継続。また、前日に短期的な株価トレンドを示す25日移動平均線を上抜けたことが買いに拍車をかけている面もあるようだ。なお、第1四半期決算は、売上高が5億7600万円(前年同期比62.4%増)、営業損益が600万円の黒字(前年同期は3600万円の赤字)に浮上。クラウド人材マネジメントシステム「カオナビ」の成長が続いており、同期間末時点の利用企業数は1408社となっている。

 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774>=後場動意づ。同社はきょう、日本医療研究開発機構(AMED)が公募した2019年度「再生医療・遺伝子治療の産業化に向けた基盤技術開発事業(再生医療シーズ開発加速支援)」に、自社の申請事業が採択されたと発表。これが材料視されているようだ。 採択されたのは、「piggyBacトランスポゾンベクターを用いた自家CD19 CAR-T療法の企業治験開始に向けた研究開発」で、これはウイルスベクターを用いない新技術による国産のCAR-T細胞製剤の開発を行うもの。この事業の実施に伴い補助金収入が見込まれるが、同社では今後、業績に重大な影響を与える新たな事実が判明した場合には速やかに公表するとしている。

日経平均