株価20分ディレイ → リアルタイムに変更 ダイトーケミの【株価予想】【業績予想】を見る

4366ダイトーケミックス

東証2
312円
前日比
-2
-0.64%
比較される銘柄
東邦化
東洋合成
群栄化
業績
今期予想
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
4.5 0.31 3.21

銘柄ニュース

戻る

<動意株・30日>(前引け)=黒崎播磨、ダイトーケミックス、アエリア

 黒崎播磨<5352>=急伸し昨年来高値更新。同社は前週末27日の取引終了後、17年3月期の連結業績予想について、売上高を1030億円から1100億円(前期比4.4%減)へ、営業利益を60億円から75億円(同28.5%増)へ、純利益を38億円から45億円(同22.4%増)へ上方修正したことを好感した買いが入っている。耐火物関係の販売数量が想定よりも増加していることや、第3四半期からTRLチャイナを連結化したことなどが要因。さらに、コストダウンの進展や、為替相場の円安への転化に伴う為替差益の発生なども利益を押し上げた。また、業績予想の修正に伴い、従来未定としていた期末配当を8円にするとあわせて発表したことも好材料視されている。

 ダイトーケミックス<4366>=ストップ高カイ気配。同社は27日の取引終了後、17年3月期の連結業績予想について、売上高を115億円から117億円(前期比20.0%増)へ、営業利益を7億5000万円から12億5000万円(同2.5倍)へ、純利益を6億5000万円から16億5000万円(前期9億7000万円の赤字)へ上方修正したことが好感されている。化成品事業の写真材料および記録材料が好調に推移したことに加えて、売上原価比率の低減により売上総利益が増加したことなどが要因。また、DKSHジャパンに対する訴訟について、今年1月20日に和解したことにより、特別利益5億円を計上することも純利益を押し上げるとしている。

 アエリア<3758>=一時ストップ高。同社は27日の取引終了後、子会社リベル・エンタテインメントが、スマートフォン向けイケメン役者育成ゲーム「A3!(エースリー)」を同日付で配信を開始したと発表しており、新タイトルの業績への貢献を期待した買いが入っているようだ。「A3!」は、プレイヤーが劇団の主宰兼「総監督」となり、イケメン劇団員たちをキャスティングして青春ストーリーを楽しむイケメン役者育成ゲーム。事前登録者数も最終的に50万人を突破していることから、期待の新タイトルとして注目度が高かった。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均