4358 ティー・ワイ・オー 東証1 15:00
151円
前日比
+1 (+0.67%)
比較される銘柄: レイ東北新社Jストリーム
業績: -
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
1.65 3.18 4.58
決算発表予定日  2016/12/12

銘柄ニュース

戻る
2015年10月28日16時19分

ティー・ワイ・オー Research Memo(11):今後の売上高成長率の推移に注目


■同業他社比較

ティー・ワイ・オー<4358>の成長性、及び収益性、財務健全性について、直近期の決算内容を基準に他の大手CM制作会社2社と比較した。

過去3年間の成長性を見ると、売上高ではAOI Pro.が際立っている。同じく同社を見ると、2014年7月期から高い成長率になっていることから、今後の売上高成長率の推移に注目すべきであろう。一方、営業利益の成長率ではAOI Pro.と同水準にある。同社の場合、不採算部門の整理と本業回帰による損益改善を図ってきたことの成果として捉えることができる。

収益性に関しては、原価率の低い映像・放送事業を手掛ける東北新社が高い営業利益率を誇っている。一方、収益性の改善に取り組んできた同社の営業利益率は、AOI Pro.とほぼ同水準にある。また、資本効率を示すROEは、総資産回転率や財務レバレッジが高い同社が他社よりも優れている。

財務の健全性に関しては、同社の自己資本比率は他社よりも劣位するものの、財務基盤の安定性に懸念がある水準ではない。また、流動比率やインタレストカバレッジレシオから短期支払能力や利払い能力にも懸念はないと判断できる。

同社の株価バリュエーションは、同業他社と比較してPER(予想)、PBR(実績)ともに高い水準となっている。特に、PBRが高いのは、同社の資本効率(ROE)の高さを反映しているものである。ただし、日経平均のPER(予想)が14.46倍であることを考慮すれば、3社ともに成熟市場を前提(市場の伸びや市場シェアの変化を織り込まない)とした株価バリュエーションと言うことができる。したがって、同社の中期経営計画の実現による利益成長が株価を押し上げる要因となることはもちろん、市場シェアの向上や周辺領域の取り込み、海外進出等、国内のTV-CM制作市場を上回る成長期待を確信させる成果を示すことができれば、同社の株価バリュエーションに見直しが入る余地は十分にある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均