4346 ネクシィーズグループ 東証1 15:00
1,961円
前日比
-14 (-0.71%)
比較される銘柄: オルアバウトセプテニHDメンバーズ
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.1 3.61 1.53 3.64

銘柄ニュース

戻る
2017年01月23日07時52分

ネクシィーズG Research Memo(2):“情熱ベンチャー企業家”近藤社長が率いる企業グループ


■会社概要

(1)沿革

ネクシィーズグループ<4346>は、代表取締役社長兼グループ代表の近藤太香巳氏が1987年に大阪で開始したプッシュフォンの訪問販売を起源とする。1990年に電話加入権をクレジットで分割購入できる「テルミーシステム」が大ヒットし、その後に携帯電話版「テルミーシステム」でも大成功する。その後も得意の企画力と営業力を武器に、携帯電話や衛星放送などのデジタル商材の販売で業容を拡大し、2000年にはソフトバンクインベストメント(株)(現SBIインベストメント(株))が資本参加、2002年には大証ナスダック・ジャパン市場に上場(現ジャスダック)、2004年には東証及び大証1部上場を果たす。その後も、ISPサービス・金融商品・動画コンテンツ・着物教室及び販売などに提携・M&Aを通じて積極的に参入し、事業領域を拡大している。現在の主力2事業は、ブランジスタが行う電子メディア事業と2012年に開始したLED照明を始めとするエネルギー環境関連事業である。ブランジスタは2016年6月に、スマートフォン向けのクレーンゲーム「神の手」を販売開始し、新たなチャレンジをし続ける。

近藤太香巳社長は、19歳で起業した生来のベンチャー企業家である。2000年、ITバブルの崩壊による東証マザーズ上場中止(とりやめ)など、様々な逆境を乗り越えて2004年に当時最年少創業社長として東証1部に上場を果たす。2006年には「Japan Venture Award 2006」の起業家部門にて、最高位である経済産業大臣賞を受賞。講演活動(早稲田大学、東京大学など)や著作出版など、持ち前の情熱で将来の起業家を育てる活動を積極的に行っており、日本一の経営者交流会「パッションリーダーズ」(全国会員数3,800名)の代表理事も務めている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

《TN》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均