4323 日本システム技術 東証1 15:00
1,442円
前日比
-6 (-0.41%)
比較される銘柄: サイオス日本ラッドネクスウェア
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.9 1.22 1.94 263

銘柄ニュース

戻る
2017年06月19日15時06分

<動意株・19日>(大引け)=ユナイテッド、日本サード、カプコンなど

 ユナイテッド<2497>=大幅続伸。同社は16日の取引終了後、子会社フォッグが今年4月1日からAKB48を運営するAKS(東京都千代田区)と業務提携したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。今回の業務提携は、「AKB48」の公式サイトにおいて、利用者がより便利に利用できるように改善を行い、より良いユーザー体験を提供できるパソコンとスマートフォンの両方に対応したサイトの開発・運営・企画を行うというもの。18日に開催された「AKB48 49thシングル選抜総選挙」の特設サイトに関してもフォッグのノウハウを生かした特別サイトが展開されているとしている。

 日本サード・パーティ<2488>=後場終盤に急伸。午後2時ごろ、NVIDIA社のディープ・ラーニング・インスティチュート(DLI)トレーニングパートナープログラムに日本国内で初めて参加し、8月から同社認定のNVIDIA DLIトレーニングコースの提供を開始すると発表しており、これを好感した買いが入っている。今回、同社が取り組むトレーニングパートナープログラムは、さまざまな分野で利活用されるディープ・ラーニング技術を扱う技術者を育成することを目的にしたプログラム。初級編として「1日でできるディープラーニング ~画像認識入門~」を8月から同社の教育施設および認定トレーナーにより提供し、初年度1000人の受講を見込んでいるという。

 カプコン<9697>=後場一段高。同社はきょう、バンダイナムコエンターテインメント(東京都港区)と「ストリートファイター」シリーズなどのオンラインマッチングに関する特許クロスライセンス契約を締結したと発表。これが買い手掛かりとなっているようだ。この契約は、両社のそれぞれのタイトルの開発促進や開発コストの軽減、ユーザーの利便性を高めることなどが主な目的。また、同社は許諾を得た特許権を「ストリートファイター」シリーズなどのゲームに有効活用し、ゲームコンテンツの提供を目指すとしている。

 KLab<3656>=急伸し、年初来高値更新。同社は前週末16日、ブシロード(東京都中野区)と共同開発したタイトル「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」(略称「スクフェス」)の国内ユーザー数が、8日時点で2100万人を突破したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。同社に関しては、6月13日に対戦型サッカーシミュレーションゲーム「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」の配信を開始しており、足もと順調にユーザー数を伸ばしており、この動向も注目されている。

 日本システム技術<4323>=急騰し、04年7月以来約12年11カ月ぶりの高値水準に。同社は前週末16日の取引終了後、東京証券取引所の承認を受けて、6月23日付で東証2部から東証1部へ指定されることになったと発表しており、TOPIX連動ファンドなどによる買い需要を先取りする形で買いが入っているようだ。同社は独立系のシステム開発会社で、顧客の個別ニーズに合わせたオーダーメイド方式によるソフトウエア受託開発を主力に、パッケージ事業、システム販売事業、医療ビッグデータ事業などを展開している。

 ソリトンシステムズ<3040>=大幅高で、年初来高値更新。同社はきょう、物流貨物の流れとセンサー情報を可視化するIoTシステムを製品化したと発表。これが材料視されているようだ。同社は、センサーユニットの試作品およびクラウドシステムなども開発。大手物流会社と共同で性能評価を実施済みで、量産可能になっているとしている。なお、出荷開始は今秋を予定している。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均