4312 サイバネットシステム 東証1 15:00
608円
前日比
-4 (-0.65%)
比較される銘柄: 富士ソフト安川情報CRI
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
41.1 1.45 2.14 2.08

銘柄ニュース

戻る
2016年08月31日16時46分

サイバネット Research Memo(3):主力のMCAEから可視化分野までの幅広いCAEソリューションを提供


■事業内容

同社グループは、サイバネットシステム<4312>及び親会社の富士ソフトと、海外ソフトウェア開発子会社3社(米Sigmetrix、カナダMaplesoft、ベルギーNoesis)と海外販売子会社2社(中国・莎益博工程系統開発(上海)、台湾・思渤科技股フン有限公司)を含む連結子会社12社で構成される。

手掛ける事業は、CAEソフトウェアの開発・販売及び技術支援などのサービスを提供するCAEソリューションサービス事業と、セキュリティサービス、IT資産管理、及びイノベーション支援、医療可視化などのソリューションサービスの提供を行うITソリューションサービス事業※に分類される。2016年12月期第2四半期累計期間におけるセグメント別売上高構成比はCAEソリューションサービス事業82.2%(全社費用配賦前セグメント利益構成比86.5%)、ITソリューションサービス事業17.8%(同13.5%)であった。一方、事業分野別の売上高構成比はCAE62.3%、IT17.8%、開発子会社15.9%、販売子会社4.0%。

※2016年度に行った組織再編を反映し、ビッグデータ分野と可視化分野を統合してデータソリューション分野とし、CAEソリューション事業からITソリューション事業への組み替えを行った。

(1) CAEソリューションサービス事業

CAD※システムと連動して解析・シミュレーションを行う構造解析、音響解析、樹脂流動解析、光学設計・解析・評価、公差解析マネジメントなどの様々な分野のCAEソリューションを始め、電子回路や基板の設計、モデルベース開発、最適設計支援などの幅広いソリューションのほか、導入支援、コンサルティング、受託開発などの技術サービスを提供する。加えて、ユーザー教育・支援(セミナー、ユーザーカンファレンス、事例発表会の開催等)なども行っている。

※CAD:Computer Aided Designの略で、コンピュータによる設計支援システム。CADシステムには、主に図面作成に利用される2次元CADシステムとコンピュータの仮想空間に3次元形状を作成しながら設計を進めていく3次元CADシステムがある。

同社では、単独のCAEソリューション事業を応用分野別にMCAE(Mechanical CAE)分野、光学設計分野、EDA(Electronic Design Automation)分野、MBD(Model Based Development)分野、テスト・計測分野とその他の分野の6つに分類している。

a) MCAE(Mechanical CAE)分野
構造、伝熱、電磁場、熱流体の解析である有限要素法※解析、プラスチック樹脂流動解析、音響解析及び構造物の振動と音場の連成解析などの幅広い解析業務をサポートするソフトウェア及びサービスを提供する。主力商品は、米ANSYS Inc.製品の「ANSYS」(マルチフィジックス解析ツール)。

※有限要素法:構造物の変形や応力を解析するために、対象面を小さな領域(要素)に分け、1つ1つの要素の変形等を解析し、それらの要素を全部組み合せることによって、構造物全体の変形等を解析する手法

b)光学設計分野
光学解析、照明解析、及び有機ELや光学部材特性等の測定ツールやソリューション、サービスを提供する。主力商品は、米Synopsys社製品「CODE V」(光学設計評価プログラム)、「LightTools」(照明設計解析ソフトウェア)など。

c) EDA(Electronic Design Automation)分野
電子機器や半導体の設計を自動化するツールを取り扱い、LSI設計/回路設計から基板設計・解析・製造/実装までの運用提案・設計解析サービスを提供する。主力商品は、米Mentor Graphics社製品の「Xpedition Enterprise」「HyperLynx」など。

同社は米Cadence Design Systems, Inc.(以下、Cadence)販売代理店として製品を取り扱ってきたが、2014年12月期に取扱商品をMentor Graphics Corporation(以下、Mentor)製品へ変更した。EDAにはIC(Integrated circuit:集積回路)設計やPCB (Printed circuit board:プリント回路板)設計機能が含まれるが、同社は元々PCBに強い。これに対し、CadenceはIC設計に強く、IC設計に関しては日本法人が直販し、PCB設計を同社が販売するという関係となっていた。一方、MentorはPCB設計に強く、また世界的なシェアは約5割となっているものの、日本では伸び悩んでいた背景があり、日本でPCB設計の経験、販売力を持つ同社と利害が一致した。

d) MBD(Model Based Development)分野
製品開発において具体的な形や寸法を決める前に、機能で考え、事前評価し、最適な特性値を見出すことにより、早期に問題点をつぶし手戻りの少ない基本設計を行うことを主な目的とする。主力製品は、同社グループのMaplesoft製のSTEMコンピューティング・プラットフォーム「Maple」や、システムレベルモデリング・シミュレーションツール「MapleSim」など。

e)テスト・計測分野及びその他の分野
テスト・計測分野は同社が開発したFPD(Flat Panel Display)自動検査システムなどを提供する。一方、その他の分野では、同社グループ製品である3次元公差マネジメントツール(評価対象の組立部品寸法、部位バラツキ評価を基にしたコストと品質の最適化)、最適設計支援ツール(解析の自動化、ロバスト性・信頼性評価、品質工学適用等)に加えて、CAE技術教育サービスなどを提供している。

(2) ITソリューションサービス事業

a) ITソリューション分野
米国の大手セキュリティソフトウェア開発ベンダーであるSymantec Corporationのセキュリティ関連ソリューションを中心とするサーバーやクライアントPC等のウイルス感染・情報流出等を防ぐエンドポイント・セキュリティ、IT資産管理ソリューション等を、オンプレミス型(自社運用型)、及びクラウド型サービスで提供する。また、データバックアップ、アプリケーション性能管理、データベース開発・運用、メールサーバー、端末エミュレータ※など、企業のITインフラを支える様々なソリューションも提供する。加えて、CAEソリューションサービスと同様、ユーザーの環境に応じた運用コンサルティング、導入支援、ユーザー教育支援などのサービスの提供も手掛けている。

※パソコンに大型ホストコンピュータの専用端末機の機能を持たせるソフトウェアのこと。

b)データソリューション分野
情報検索によるイノベーション支援、ビッグデータのマップ化、特許情報調査を基にしたアイデア創出支援等のソリューションを提供する。イノベーション支援として「Goldfire」など米IHS Inc.製品を扱うほか、ビッグデータ可視化エンジン(データを見える化(マップ化)するミドルウェア)の提供や、技術戦略立案支援サービス「R&D Navi」をクラウドで提供する。さらに、解析数値データ、医療データなどを分かりやすく「見える化」、その他AR※/VR(Virtual Reality:仮想現実)等のソリューションも提供する。用途に応じて1)汎用可視化(実験データや測定データを取り込み、3次元可視化処理を行うソフトウェアの提供)、2)医用・医療(医用画像をソフトウェアのみで高画質・高速処理する基盤ソフトウェアを活用するパッケージソリューションを提供)、3)AR/VR、の3つに分類される。

※Augmented Reality:拡張現実。カメラなどを通して見る現実の背景に、画像認識技術や位置センサーなどの情報をもとにデジタル情報を重ねて表示し、現実世界とデジタル空間を結び付ける技術。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 森本 展正 )

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均