4312 サイバネットシステム 東証1 15:00
616円
前日比
+8 (+1.32%)
比較される銘柄: 富士ソフト安川情報CRI
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
41.6 1.47 2.11 2.08

銘柄ニュース

戻る
2016年08月10日07時48分

サイバネットシステム---2Q営業利益44.4%増、国内向け光学設計分野・MBD分野などが好調


サイバネットシステム<4312>は4日、2016年12月期第2四半期(16年1-6月)決算を発表。売上高は前年同期比6.9%増の89.58億円、営業利益が同44.4%増の9.07億円、経常利益が同33.7%増の8.99億円、四半期純利益が同67.4%増の5.03億円だった。

国内向けは、光学設計分野及びセキュリティ関連ソリューションが好調に推移。自動運転技術に関する受託開発・コンサルティングへの投資意欲が高まるなか、モデルベース開発(MBD)エンジニアリングサービスも自動車関連業界を中心に好調だった。AR(拡張現実)分野は、昨年開始した自社ARサービスの立ち上がりが順調で引き合いが増加。海外向けは、カナダの開発子会社が大型のOEM案件を受注したほか、中国・台湾の販売子会社が好調に推移した。計画的増員により人件費は増加したが、売上高の増加等がカバーした。

16年12月期通期については、売上高が前期比8.3%増の168.00億円、営業利益が同11.5%増の9.50億円、経常利益が同4.5%増の10.48億円、当期純利益が同0.5%減の4.61億円とする期初計画を据え置いている。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均