4245 ダイキアクシス 東証1 15:00
1,137円
前日比
+10 (+0.89%)
比較される銘柄: 四国化神東塗カーバイド
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
9.5 1.17 2.64 49.05

銘柄ニュース

戻る
2016年03月18日16時19分

ダイキアクシス Research Memo(9):2015年12月期は増収、経常増益も、特損で当期純利益は半減


■業績動向

(1) 2015年12月期業績

ダイキアクシス<4245>の2015年12月期の業績は、売上高が前期比2.7%増の32,361百万円、営業利益が同16.7%増の946百万円、経常利益が同15.1%増の1,082百万円と増収増益を達成したが、当期純利益が同54.8%減の332百万円となった。当期純利益が減少した要因は、特別損失の計上と税負担の増加による。特別損失は、子会社の「のれん」の減損処理による。

2012年に買収した小形風力発電機の開発を手掛ける子会社シルフィードの買収金額341百万円を、ほぼ全額「のれん」として処理し、10年間の均等償却を行ってきた。2015年度中の事業化を目指していたものの、計画より遅れ、発売に至らなかった。そのため、2015年12月期にのれんの未償却残高を減損処理し、248百万円を特別損失として計上した。同期の利益は、経常利益段階まで期初予想を上回り、前期比増益を達成したものの、当期純利益が前期比半減する主な要因となった。

○事業別の状況
事業部別の売上高の動向は、環境機器関連事業が前期比1.0%増、住宅機器関連事業が同4.9%増、その他事業が同8.0%減となった。環境機器関連事業は、新工場の稼働が計画より遅れ、海外売上高が予想を未達となった。上水事業は、期ずれなどの影響により、新規供給の開始が8件にとどまった。子会社の新社屋移転に伴い、旧本社建物の償却期間を短縮したこと、新社屋とインドネシアの新工場の稼働から減価償却費が増加し、利益率を圧迫した。住宅機器関連事業は、建設関連業者等向けに耐震工事やLED照明などの省エネ関連商材の出荷が順調だった。住機部門工事は、省エネ工事の積極的な提案営業を行い、大幅増収となった。採算性の向上が固定費の増加を吸収し、売上高利益率が改善した。その他の事業は、クリクラ事業が1軒当たりの販売が伸び、強含んだものの、バイオディーゼル燃料関連事業は、プラント販売が落ち込み、小形風力発電機関連事業は販売計画の遅れで売上げを計上できず、赤字額の大幅な縮小にはならなかった。

○財務状態
2015年12月期末の資産合計は19,411百万円と前期比347百万円増加した。流動資産は13,656百万円と123百万円減少した。受取手形が447百万円減少した。固定資産は5,755百万円と470百万円増加した。のれんの減損248百万円により無形固定資産が減少したが、地下水飲料化システム、子会社の新社屋建設、海外における新工場の竣工などにより有形固定資産が増加した。負債については、流動負債が11,598百万円と前期比231百万円増加、固定負債が2,071百万円と同69百万円減であった。自己資本比率は29.6%と前期末比0.5ポイント上昇した。

○キャッシュ・フローの状況
2015年12月期末の現金及び現金同等物は、3,301百万円と前期末比79百万円増加した。営業活動によるキャッシュ・フローは受取手形や未成工事支出金の減少により、前期より632百万円多い1,369百万円の収入となった。投資活動によるキャッシュ・フローは814百万円の支出であったが、有形固定資産の取得による支出が減少した。財務活動によるキャッシュ・フローは、借入金の返済や配当金の支払などにより438百万円の支出となった。

(2) 2016年12月期予想

2016年12月期の予想は、売上高が前期比3.3%増の33,430百万円、営業利益が同5.7%増の1,000百万円、経常利益は同4.4%増の1,130百万円、当期純利益は同2.2倍の720百万円を見込んでいる。設備投資は、大型投資が終了したことから、前期の888百万円から240百万円に縮小する。地下水飲料化システム(上水事業)に165百万円、浄化槽製造設備に75百万円を予定している。減価償却費は、前期比9.7%増の340百万円を見込んでいる。

今期の重点施策として、ディスポーザ対応浄化槽及びディスポーザ排水処理システムを拡販し、設置戸数で業界No.1を目指す。集合住宅向け出荷個数の全国シェアを引き上げる。上半期に戸建て住宅用の新型層を投入し、普及促進を図る。また、処理槽の更なるコンパクト化を目指した開発を行う。事業部別の売上高は、環境機器関連事業が前期比9.4%増、住宅機器関連事業が同3.7%減、その他事業が同34.6%増としている。その他の事業は、小形風力発電機関連事業の売上が立ってくることから、黒字化を目指す。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均